PASSWORD RESET

Bestbody – Food

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

Bestbody – Food for Diets

Bestbody – Food:インパクトジムでは、あなたのライフスタイルに合わせた、最善の食事方法をご提案いたします。1人ひとりは体重・体質・生活習慣など全てが違います。あなたに合わせた必要な量や種類を日々LINEでサポートさせて頂きます。将来へのライフスタイルを期間中にしっかり身に付けていきましょう。

炭水化物

炭水化物OKNG

炭水化物は糖と食物繊維に分類できます。栄養成分の表示がある場合は、「炭水化物」とだけ書いてあることも、「糖」・「食物繊維」と書いてあることもあります。糖が体と脳のガソリンであるのに対し、食物繊維には、満腹感を与えたり、便秘を予防したり、大腸の善玉菌の環境を整える働きがあります。

たんぱく質

たんぱく質

Bestbody – Food食は、たんぱく質の摂取が非常に大きな役割となってきます。加工食品はさけましょう 肉魚からしっかり栄養を摂取しましょう。体を動かす、ものを考える、成長する、泣く、笑う、怒る。毎日の暮らしの何気ない動作はすべてタンパク質によるといったら驚かれるでしょうか。実にタンパク質は生物すべての生命現象を担う基本的な物質なのです。
人間に限らず、生物はすべて細胞が集まってできています。細胞は生命の最小単位で、一つ一つの細胞は生命活動に不可欠な三つの能力を備えています。一つは自分と同じ細胞をつくる自己増殖能力、次に栄養分を取り入れ新陳代謝を行う能力、最後に外界の変化に合わせて内部環境を調節する能力です。細胞はその70%が水分です。タンパク質は約15%と水に次いで多い成分で、これら三つの細胞機能をつかさどる重要な役目を果たします。

脂質

脂質

脂質は生体中に存在する水に溶けない(溶けにくい)有機化合物です。脂質については、一般的の消費者では、太るという認識しかしていない方も多いようですが、炭水化物、タンパク質などど並んで、生命にとっては不可欠な成分です。
・生体膜の成分として・エネルギーを貯蔵する目的として
・動物の体温を保つ断熱材として
・皮膚を保護するものとして
・代謝活性をコントロールするホルモンとして
・血圧、体温、筋肉の働きをコントロールするものとして
従って、食事制限をする際も、上手に補給していく必要があります。

野菜

野菜

私たちの食生活の一つの問題は、肉や卵などの動物性食品を偏って取り過ぎていることにあります。これらは確かにすぐれた栄養素を持っていますが、その取り過ぎによる弊害に注意しなければ行けません。ほとんどの野菜は、90%以上が水分で、栄養素としては、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含んでいます。野菜に含まれているこれらの要素は、健康を維持するのに非常に重要です。タンパク質、炭水化物、脂肪という三大栄養素も、これらの栄養素がないと、体内でうまく利用されないのです。ビタミン、ミネラル、食物繊維を特に多く含んでいる食品は野菜です。これらの多くの成分は人間の体内では作ることができないので、毎日の食事から摂らなければならないのです。

豆類

豆類

豆類は、含まれている栄養成分の構成割合により、次の2グループに大別することができます。

炭水化物主体のグループの豆・・・ あずき、ささげ、いんげんまめ、花豆、えんどう、そらまめ、ひよこまめ、レンズ豆等がこのグループに属しており、乾燥豆の重量の50%以上が炭水化物です。また、これらの豆は、たんぱく質を約20%と豊富に含む一方、脂質は約2%とほとんど含んでいません。このため、健康維持やダイエットに最適な”低脂肪・高たんぱく”食品ということができます。

脂質主体グループの豆・・・大豆及び落花生がこのグループに属しています。大豆は、乾燥豆重量の約20%が脂質で、搾油原料として世界的に広く利用されています。また、たんぱく質も30%以上と非常に多く、「畑の肉」と呼ばれるのはこのためです。一方、炭水化物の含有率は約30%で、炭水化物グループの半分程度となっています。落花生は、脂質の含有率が約50%と極めて高く、たんぱく質も25%あり、大豆とほぼ似通った栄養成分構成となっています。

調味料

調味料調味料

Bestbody – Foodの調味料は、はじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるまでは、しっかりOK・NG食品を把握して、調理していきましょう。カラダに変化が出始めた時には、自然にOK調味料を摂取できるようになっていればいいですね。

お酒・飲料

お酒・飲料

お酒が好きな方にとっての禁酒は、非常にストレスになる場合もございます。極力お酒を控えた方が、ダイエットにはいい環境になりますが、週2回程度1日2杯をめどに蒸留酒などを選択し、ストレスをため込まない方が、いい結果になる事もあります。

おつまみ

おつまみ OK NG

小腹が空いたときには、少量を頂きましょう。油断して多く摂取しないように、最初に量を決めて摂取する習慣をつけていきましょう。

コンビニおすすめ

コンビニ

コンビニでもお手軽に購入できる食品が、増えてきました。お仕事でお忙しい時には、コンビニでもしっかり栄養を摂取できます。

インパクトジムTOP

お問合せ 011-612-1270無料カウンセリング

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.

お問合せ